仙台市障害者職業能力開発促進事業「働きたい!」を応援します。

  • ■ ホーム
  • 仙台市の障害者就労支援の基本的考え方

障害のある方の「働きたい!」を応援する取り組み
仙台市の障害者就労支援の基本的考え方

 仙台市では、障害者保健福祉計画の中で、5つの基本方針を掲げています。このうち基本方針(4)生きがいにつながる就労と社会参加の充実 に基づき、障害のある方の「働く」ことを応援する様々な取り組みを行っています。このホームページの設置もその取り組みの一つです。障害のある方の雇用・就労に関する情報を発信することで、障害のある方の「働きたい!」を企業や市民の皆さんみんなで応援する仙台市をつくっていきたいと考えています。

基本方針
(1) 共生社会の実現に向けた障害理解の促進と権利擁護の推進
(2) 障害のある児童や発達に不安のある児童に対する支援の充実
(3) 地域での安定した生活を支援する体制の充実
(4) 生きがいにつながる就労と社会参加の充実
(5) 安心して暮らせる生活環境の整備

仙台市障害者保健福祉計画とは…

 障害者施策に関する基本的な計画です。計画の推進にあたっては、行政はもちろんのこと、障害者団体等、企業等、地域、市民等、各主体の連携・協調のもと、震災からの復興に向けたまちづくりを推進しながら、障害の有無にかかわらず誰もが安心して地域生活ができるような支援体制の整備を進め、社会全体で障害のある方を包み込み、自立と社会参加等を支援していきます。

 本市では、平成30年3月に「仙台市障害者保健福祉計画」・「仙台市障害福祉計画(第5期)」・「仙台市障害児福祉計画(第1期)」を策定し、障害者の自立及び社会参加促進に向けた各種施策の推進に努めています。

△上に戻る